海外でスキルアップ

 看護のスキルを磨くため、毎年多くの人が海外に留学することは恒例となっているのでしょう。それだけ海外で学ぼうとすることは、今後の日本社会の繁栄につながるという明確なものを見据えているからだと思い、日本という国を形成していく上で必要な斬新なアイデアや創造物などがあることで、世界から注目される日本として名を馳せていくのだろうと考えられるのです。
 海外で看護の力を活かそうとしている中で、急に怖気ついてしまう方がいるかもしれません。看護の力を高めるための留学であるにもかかわらず、急に臆病風に吹かれたかのようにして、看護に対してモチベーションが喚起されないという事態に遭遇する方がいても不思議ではないと思うのです。そういう事態に陥る要因として考えられるのは、海外での生活によってホームシックになってしまう影響が考えられて、誰も知らない土地での生活を送る中で、自分の生活を支援してくれる人が居ても、家族とのつながりが無いだけで、これほどまでに心細くなってしまうものなのかと戸惑う方は少なくないと思うのです。家族の声でも聞かないと看護の勉強に身が入らなくても、仮に家族からの温かい声援を聞くことができたのならば、「自分の両親が遠く離れている自分のためにエールを贈ってくれているんだ。だからここでつまづくわけにはいかないんだ」と思って、自分を叱咤しつつ海外生活が有意義になるように努めていくのだろうと考えられるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です